about.jpg
江戸堀コダマビルについて

江戸堀コダマビルは、1935(昭和10)年に児玉竹次郎の本宅として建てられた、鉄筋コンクリート造の近代建築です。1982(昭和57)年に社団法人日本建築学会より「明治、大正、昭和の保存すべき貴重な建築物」として取り上げられ、『日本近代建築総覧』に掲載されました。また2007(平成19)年6月には、国登録有形文化財に登録されました。ビルを設計・施工した岡本工務店は、ウイリアム・メレル・ヴォーリズの作品を数多く手がけていたことから、外観にはヴォーリズが得意としたスパニッシュ様式の影響が見て取れます。しかし一方では青海波や肘木といった日本建築のモチーフも見られ、和洋折衷のユニークなデザインとなっています。内部の間取りは伝統的な和風のそれで、間口が狭く奥に長い鰻の寝床状の敷地に、襖で仕切られた続き間の和室が並んでいました。現在は残っていませんが、道路に面した塀と門も和風の伝統的なものでした。1978(昭和53)年の全面改修工事の後、テナントビルとして再生、その後逐次現在の姿へと整えられて今日にいたっています。

about03.jpg

ビル正面オープンテラスのガラス屋根はイタリアミラノのデザイナー、クラウディオ・サロッキの作品

about06.jpg

左側の窓まわりには、青海波のパターンや日本建築の肘木など、和風のデザインが見られる

about02.jpg
about04.jpg

大正11年建築の旧日本火災ビルの柱頭を移設した。モニュメントと大久保英治作の新旧両オブジェ

概要

所在地  大阪市西区江戸堀1-10-26

建築年  1935(昭和10)年

構 造  鉄筋コンクリート造

規 模  地上3階一部4階、地下1階

設 計  岡本工務店(山中茂一)

施 工  岡本工務店

フロアガイド
 

2F  Wintecare JAPAN Inc.

        イタリア資料室

        江戸堀コダマビル事務所